IRM3辞典

はじめに


 IRM3の操作における、細かな仕様について説明します。
 わからなくなった時などに参考にしてください。

イベントコード


プリント

  • 17文字×3行。エンターは文字化けとなって表示されてしまう。そのため自由に改行できず、文字数で判断して改行する。
  • 表示可能以上の文字は、表示されない。
  • 一括表示か、一文字ずつ表示するか選択可能。
  • %0~255で、対応する番号の変数の値を表示する。

  • 半角英数は、機種によって表示可能文字数が変わるそうです(半角か全角か)。全角英数を使うのが無難かもしれません。

塗りつぶし・塗りつぶし解除

  • R,G,B0~255で色を指定して画面を塗りつぶす。
  • 最も前景に表示され、キャラや文章が表示されなくなる。

主人公を透明化・透明化解除

  • 主人公を見えなくする。見えないだけなので、移動は可能。

歩行キャラ変更・キャラ変更解除

  • 主人公の見た目を変える。マップ上で変わるだけ。

顔つきプリント

  • 顔グラフィックを付加した文章。付加位置は文章枠の左上外。
  • 最大画像サイズは233×181(これで文章枠を除いた全画面が埋まる。)
  • ファイル形式はgif

CGを表示・CGを解除

  • マップの上に背景を表示する。
  • イベント、主人公、文章の下になる。
  • 最大画像サイズは240×240240×180で文章枠を除いた部分がちょうど埋まる。それ未満だと、左上を基準として配置される。
  • ファイル形式はjpg(そのため、透過処理はできない。)
  • 場所移動で解除される。

BGM変更

  • 今まで流れていたBGMを消して、新しく再生。
  • 変更前と同じBGMだった場合、何もしない。

主人公移動

  • 主人公を指定した方向に、指定した歩数移動させる。
  • 主人公が動いても一連のイベントが終了するまでイベントコードは続行。
  • 移動速度は変えられない。
  • 歩数を0にすれば、向きのみ変更可能。
  • 障害物などで移動できない場合、移動できない歩数分無視され、イベントコードが続行する。
  • 指定歩数分移動した後に、次のイベントコードが開始される。

イベント移動

  • 今コードを実行しているこのイベントを移動させる。
  • その他の特徴は、主人公移動と同じ。

一定時間ウェイト

  • 指定時間ゲームを止める。(単位:ms
  • キャラもとまり、足踏みが止まる。
  • BGMは止まらない。

強制戦闘

  • イベントから戦闘を起こす。
  • BGMを指定可能。「なし」でBGMなし。
  • 敗北先の分岐が可能。「なし」にするとゲームオーバー。(ゲームオーバー画面はなく、最後にセーブしたところに戻る。)
  • 分岐させることにより、全滅してもストーリーを続けるなどの演出が可能。その場合、HP1の状態で復活している。
     また、「Game Over」の文字が表示されない。
  • 逃走は必ず失敗する。(選択はできてしまう。)
  • BGMと分岐は、何も指定しない場合と「なし」を指定した場合とで違うので注意。指定しないと、素材の一つ目が選ばれたりする。

振動ON・OFF

  • 機器本体を振動させる。(らしいのですが、管理人の機器では確認できませんでした。)

変数

  • 0~255番の変数のうち、ひとつの値を操作する。
  • 代入、加算、減算、乗算、除算(割り算の答えの方)が選択可能。
  • 数値は0~2147483647の範囲で使用可能。
  • プリントコードで%0~255と入力することにより、対応する番号の変数の値を表示する。
  • 代表的な使い方
    • イベント進行(イベントが進むごとに変数の値を加算)
    • 好感度等、隠しパラメータ(イベントで増やしたり減らしたりして、節目でいくつ以上あったら結ばれる、など)

ランダム変数

  • 指定した変数に、最小から最大の範囲でランダムな値を代入する。

ゲームスイッチ変更

  • 0~255番のスイッチのうち、ひとつのスイッチをONまたはOFFにする。
  • 代表的な使い方
    • 宝箱(開けたらスイッチをON)
    • あるイベントを起こした後で話しかけると、態度を変える人(イベントでスイッチをONにする)

GOTO

  • 同じイベント内において、次に実行するイベントコードを指定する。
  • 指定されたコードを実行した後は、通常通り上から順番に実行していく。
  • GOTOのコードより上のコードを指定すると、無限ループになりうる。
  • GOTOを指定した後で新たにコードを追加したり挿入しても、位置関係は保存されているので気にしなくても問題ない。

はい/いいえ

  • はい・いいえが表示される選択肢。
  • 選択肢表示位置は画面右上。
  • 選択後は、それぞれ同じイベント内のコードに移動する。(GOTOと同様)

条件分岐(キャラクター)

  • 指定したキャラクターが仲間にいる場合に、指定したコードに移動する。
  • 戦闘不能になっていても仲間にいると判断される。

条件分岐(スイッチ)

  • 指定したスイッチがONの場合、指定したコードに移動する。

条件分岐(お金)

  • 指定した金額以上を所持していた場合、指定したコードに移動する。

条件分岐(変数)

  • 指定した変数が条件を満たす場合、指定したコードに移動する。
  • 比較条件として、等しい等しくない以上以下より大きいより小さいがある。

条件分岐(アイテム)

  • 指定したアイテムを指定した個数所持している場合、指定したコードに移動する。
  • 所持数の比較条件として、等しい等しくない以上以下より大きいより小さいがある。
  • アイテム欄にある場合に、所持していると判断される。(装備していて余りがなければ、所持していないと判断。)

イベント引継ぎ

  • 同一マップ内の、別のイベントの、指定したページにイベントを引き継ぐ。(同じイベントに引き継ぐことも可能)
  • 引き継がれたイベントは、すぐ開始される。(つまり、同じイベントの同じページに引き継ぐと、無限ループになりうる。)
  • スイッチや変数が条件を満たしていなくても、強制的に引き継がせることが可能。
  • 引き継がれた後は、引き継ぎ前のイベントに戻らない。つまり、イベント引継ぎ以降に書かれたコードは無視される。
  • 代表的な使い方
    • イベントの途中で、話しかけたキャラのグラフィックを変更する。(2ページ目に別のグラフィックを指定しておき、2ページ目にイベント引継ぎ。以降のイベントコードを2ページ目に書いていく。)
    • 話しかけたキャラとは別の(主人公以外の)キャラを動かす。(動かしたいキャラにイベント引継ぎし、イベント移動

2項分岐

  • はい/いいえの代わりに、自由に2つの選択肢を記入できる。
  • はい/いいえと違い、下の文章枠内に選択肢が現れる。
  • その他ははい/いいえと同じ。

3項分岐

  • はい/いいえの代わりに、自由に3つの選択肢を記入できる。
  • その他は2項分岐と同じ。
  • 4つ以上の選択肢を作りたい場合
    • 2項分岐3項分岐の分岐先に、更に2項分岐などを記入する。

アイテムを加える

  • 指定したアイテムを指定数加える。
  • 上限は99個まで。それ以上は無視される。

アイテムを外す

  • 指定したアイテムを指定数取り除く。
  • 装備しているアイテムはなくならない。

ショップ

  • 買い物イベントが可能。
  • 下のプルダウンリストから買い物リストに入れるアイテムを選択し、アイテムを追加する。
  • 同様の手順でアイテムを削除する。
  • 追加できるアイテム数は最大8
  • ショップイベントの会話などは固定
    • 右上に買いに来た売りに来た選択肢
    • アイテムの個数を左右で選択し、(合計金額)Gですがよろしいですか?と表示され、はい/いいえ
    • ショップイベント終了後は、引き続きイベントコードが実行される。

キャラクターを加える

  • 仲間キャラクターを加える。パーティーに4人いるときは無視される。
  • パーティーの、あいている位置に上から加えられる。(一人目があいていれば、仲間に入れた瞬間にそのキャラが歩行キャラになる。)
  • 同じ仲間は2人追加できない。

キャラクターを外す

  • 仲間キャラクターを外す。パーティーにいなければ無視される。
  • 一人目など、歩行キャラが外した場合は、その瞬間にその次のキャラが歩行キャラになる。
  • パーティーに一人しかいない場合、無視される。

魔法を覚える

  • 指定キャラに指定魔法を覚えさせる。すでに覚えていれば無視される。
  • メニューなどの魔法ウィンドウには、覚えさせた順番に魔法が並ぶ。
  • パーティーにいないキャラクターにも、魔法を覚えさせることが可能。

魔法を忘れる

  • 指定キャラから指定魔法を忘れさせる。覚えていなければ無視される。
  • メニューなどの魔法ウィンドウは、忘れた魔法を除いてつめられる。
  • パーティーにいないキャラクターにも、魔法を忘れさせることが可能。

パラメータ変更

  • 指定キャラの指定パラメータを増加する。(変更ではなく、増加
  • 2つ目のプルダウンリストが変更パラメータ(空白になって見えない場合があるが、OKを押してコード枠で確認できる。)
  • 上から、HP、MP、残りHP、残りMP、力、体力、命中、回避
  • 上限値は、HP9999、他は999
  • 数値をマイナスにすることで減少させることが可能。
  • 残りHPを0以下にしても、戦闘不能にはならない。(見かけ上HP0だが、HP回復ができる。しかしこの場合、戦闘で攻撃をくらうと、ダメージ0でも戦闘不能になる。)
  • 残りHP/MPHP/MPより大きくはならず、HP/MP残りHP/MP未満にならない。(一時的になるが、戦闘で攻撃をくらうと、適正値に戻る。)

レベル変更

  • 指定キャラのレベルを変更する。
  • 2つ目のプルダウンリストで変更方法を指定する。(空白になって見えない場合があるが、OKを押してコード枠で確認できる。)
  • 変更方法は、上から代入、加算、減算、乗算、除算
  • レベルに従いパラメータが変更されるが、変更量は、(現在のレベルと変更レベルとの差分)×(LVUP時のパラメータ増加量)
     (すなわち、パラメータ変更で変更した効果は残る。)
  • レベルに従い、魔法も覚える。(ただし、覚える前のレベルに変更しても、忘れない。

装備をつける

  • 指定キャラに指定アイテムを装備させる。
  • アイテムをひとつ増やして装備させる。(既に持っていても)
  • すでに何か装備している場合は、元の装備はアイテム欄に戻される。
  • 装備できないアイテムを装備させると、ゲームが固まってしまう。
  • しかし、強制にチェックを入れることで、装備できないキャラに、強制的に装備させることが可能。(一度外すと装備できない。)

装備を外す

  • 指定キャラの指定位置の装備を外す。
  • 2つ目のプルダウンリストで装備位置を指定する。(空白になって見えない場合があるが、OKを押してコード枠で確認できる。)
  • 装備位置は、上からぶき、あたま、からだ、たて
  • 外されたアイテムはアイテム欄に戻される。

宿屋

  • パーティー内のHP/MPを全回復する。戦闘不能は回復しない。
  • 状態異常回復にチェックを入れることで、全状態異常を回復できる。
  • パーティーにいないキャラは、回復しない。
  • 回復するだけで会話イベント等は無いので、自作する必要がある。

蘇生

  • パーティー内の戦闘不能キャラを蘇生させる。蘇生したキャラのHPは1となる。
  • パーティーにいないキャラは、回復しない。

状態異常

  • 指定キャラに指定した状態異常を付加する。全状態異常を押すことで全ての状態異常を付加する。
  • 戦闘終了後に解除される状態異常も付加可能。

状態異常解除

  • 指定キャラの指定した状態異常を解除する。全状態異常を押すことで全ての状態異常を解除する。

マップ変更

  • 主人公の場所を移動する。
  • 移動先のマップと、座標選択で座標を選択する。
  • 座標選択では、座標をクリックしたら、OKを押す。(マップ上では何も表示されない。)
  • 移動先の座標に、トリガー触れたらのイベントが存在すると、途切れることなくイベントが実行される。
  • このイベント以降に書かれたコードは無視される。
  • 移動先が同じBGMだった場合、BGMは変更されない。(そのまま再生されている。)

お金を加える

  • 指定した金額のお金を加える。マイナスを指定すれば、減少する。(0未満は0になる。)
  • 上限は99999

セーブ

  • データをセーブする。
  • セーブ箇所は1個で、選択肢等は出ない。

ロード

  • データをロードする
  • 現在、ロード後の画面でマップがずれます。(2012/01)

ゲームを終了

  • アプリを終了する。

シナリオダウンロード

  • 何も行わない。(IRM2のなごり)

何もしない

  • 何も行わない。
  • 代表的な使い方(条件分岐の選択先等に使う)
    • コード番号0条件分岐(お金) 10G以上 → コード番号2
    • コード番号1GOTO → コード番号3
    • コード番号2プリント「まいどあり♪」
    • コード番号3何もしない

状態異常

  • 状態異常タブで設定します。
  • 次の、状態異常要素から効果を選びます。
    • 戦闘終了時に解除
    • ダメージを受けると解除
    • ターン終了時に一定確率で解除
    • 魔法使用不可
    • アイテム使用不可
    • 行動不可
    • ターン毎にダメージ
    • 1歩毎にダメージ
    • ステータス減少
  • ダメージ、ステータス減少は減少量を定数か、割合(%)かで選びます。
  • 複数設定可能ですが、同じ要素の重複はできません。(ステータス減少で、体力などは組み合わせ可能)
  • アイテムや魔法でステータス異常を付加する場合、どれか一つ、または作成した状態異常すべてのどちらかの方法でしか付加できません。
  • 名前は戦闘中、メニューなどで一文字しか表示されません。

モンスター


  • モンスタータブで説明が必要そうなものを取り上げます。
  • LV:現在は使われません。1以上であれば問題有りません。
  • ドロップアイテム:(経験に基づく情報です。誤りがあったら教えていただけると助かります。)
    • 確率は1/1000単位です。つまり、10010%50050%です。
    • ドロップアイテム1,2の2つを設定した場合、まず、1が指定した確率で落とすかどうか決められた後、
       落とさなかった場合に2のアイテムが指定した確率で選ばれます。
       (一度の戦闘で2つのアイテムは落としません。)
    • モンスターグループに複数のモンスターがいた場合、まず、どのモンスターがアイテムを落としうるか等確率で決められます。その後、指定した確率でアイテムを落とすか決められます。
       例えば、30%でアイテムを落とすと指定しても、敵が3体いる場合は最終的に10%になります。



作成中です!



  • 元々ウディタを使っていたのでよくわからないのですが…「はい」と「いいえ」の選択肢で、間違ったものを選択してしまった場合、キャンセルボタン戻ることができる機能はIRM3には付いているのですか? --- seierlu (2013/03/09 22:32:50)
    • よくみたら色々抜けてたので訂正を。「はい」と「いいえ」の選択肢で、間違ったものを選択してしまった場合、キャンセルボタンなどで その選択肢の直前に戻ることができる機能はIRM3には付いているのでしょうか? --- seierlu (2013/03/09 22:35:41)
  • もうひとつ質問です。三つ以上の選択肢は作れないのでしょうか? --- seierlu (2013/03/09 22:39:36)
    • 3項分岐を使うことで、3つまでの選択肢を作れます。一度に4つ以上は、無理です。選択肢の一つを、「次の選択肢へ」などにする工夫が要ります。 --- cocotori (2013/03/10 09:55:08)
    • 選択肢でキャンセルキーは、残念ながら効きません。例えば、「いいえ」を選んだ時に選択肢の前に戻るなどの工夫が必要です。 --- cocotori (2013/03/10 09:53:21)
      • 分かりました。ありがとうございます。 --- seierlu (2013/03/10 16:11:24)
  • 失礼しました。二つ目の質問は よく見たら書いてありましたね。 --- seierlu (2013/03/10 16:09:53)
  • sすみません、かなり初歩的なことかもしれませんが…テストプレイにてイベント進行中に一度ゲームを中断してから再開するとイベントがまた最初から始まるのは仕様なのでしょうか? もしそうであればそれを防ぐ方法を教えていただけないでしょうか。 --- ミィル (2013/07/17 22:41:56)
    • イベント中だと、中断はNGだったと思います。キャラの位置が、移動した所から改めて初めからイベントが始まってしまったり・・・ --- cocotori (2013/07/19 00:18:21)
      • 予め、ゲーム冒頭などに、イベント中は中断しないで、と注意書きするなどすると、親切でよいかもしれません。 --- cocotori (2013/07/19 00:19:33)
  • 敵を一ターンに二回行動とかできますか? --- ss3520 (2013/08/01 21:03:57)
    • 現在は、残念ながら出来ません。やるとしたら、例えば敵のグラフィックを分割し、(胴体・頭など)それぞれを1体の敵として作る、などの方法でしょうか。 --- cocotori (2013/08/02 20:24:49)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-07-13 22:25:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード